スターシティstar city

懐かしい雰囲気が漂う
フィリピンの遊園地スターシティ

スターシティはマニラパサイ市のフィリピン文化センターのそばにあって、年間300万人を超える入場者があるという、この辺りでは人気No.1のアミューズメントだ。

施設そのものはそれほど新しくはないのだが、小さな子供喜ぶ乗り物から、大人が楽しめる絶叫マシンまでバラエティーに富む。そして(日本で言えばヨーヨーつりや金魚すくいののようなゲームなのだが)おもちゃのアヒル釣りや、コインをほおって並んだ皿の上にうまく止まったらぬいぐるみがもらえるといったゲームコーナー。さらにアクセサリーやファッション用品など品揃え豊富なお土産屋さんが所狭しと並んでいる。それは数十年前の日本の遊園地、お祭りの混雑した夜店通りといった感じがする。

スターシティキーホルダーの様な物(?)

この遊園地のほとんどの施設は、2階建ての室内に設けられている。室内は冷房が効いていて、頻繁に見舞われるスコールもどおってことないから、夏のマニラでは安くて、近くて、楽しめる最高の避暑地となる。

マニラの南、車で1時間ほどのところに「エンチャンテッドキングダム」という、大きな遊園地がある。子供たちの間でスターシティと人気を2分するこの施設は、広くて、清潔で、あか抜けしている。しかし個人的に言えば、暖かくて、家族的で、フィリピンらしいにおいがするスターシティーの方に軍配を上げる。

2009年1月4日、明日から子供たちの学校が始まるというので、家族と田舎からでききていた親戚一同でここを訪れた。午後1時、開演間近の切符売り場は、大混雑していた。
入場料は「スノーワールド」や「ディノワールド」等の一部施設の入場が別料金になる他は、乗りもの乗り放題で一人350ペソ。入場料だけなら150ペソ。
約5年ぶりのスターシティーだ。全体的にはほとんど変わっていなかったが、360度回転するコースターや、ディノワールドなどが新しくできていた。スターシティーシンボルの塔は、以前はド派手な黄色だった。少し前に水色の穏やかな色に変わった。やっぱり以前のマニラらしい黄色がいいと思う。

場所はロハス通りを挟んでトレーダースホテルの真ん前。ソフィテル・プラザホテルなどからも近いので、少し涼しくなった夕方、足を伸ばしてマニラのファンタジックな時間を過ごすというのもいいのではないでしょうか。

Star City, Sotto St., CCP Complex Roxas Blvd. Pasay, Manila Philippines