マニラ 旅行・観光・生活情報

マニラ地図 マニラ観光 マニラのホテル マニラの鉄道 タール湖
マニラ詳細地図 マニラ観光
マニラ観光地図
マニラのホテル一覧
マニラのホテル地図
マニラ交通地 マニラ周辺の観光地
タガイタイとタール湖
古都タール
コレヒドール島
パグサンハン
バタンガスとアニラオ
サンラザロ・レジャー
パーク競馬場
マカティ マカティ イントラムロス マニラのレストラン
マカティ詳細地図 グリーンベルト
グロリエッタ
モールオブアジア
イントラムロス マニラレストラン

メトロマニラ METRO MANILA

スペイン、アメリカと400年近く続いた植民地支配から、フィリピンがようやく独立を果したのは1946年7月4日。「フィリピン共和国」初代大統領にはマニエル・ロハスが。首都はいま「メトロ・マニラ」と呼ばれ、12の市と5つの行政区域からなる大都会。ルソン島中西部のラグナ湖から流れるパシグ川の河口デルタ地帯に広がり、政治、経済、文化の中心である。
スペイン統治以前、マニラはイスラム支配下にあり、当時パシグ側の岸壁にあった白い花を咲かせるニラ(Nilad)にちなんで、ムスリムたちがマニラと呼ぶことになった。
以前マニラは東洋で一番美しい町といわれてた。戦争によりその美しさは損なわれたが街のいたる所にその面影を残す。

●旅行者がよく訪れるメトロマニラの中心地

マニラ市

マニラ市のエルミタErmitaとマラテMalateはかつての歓楽街。現在では、その北側にあるリサールパークやイントラムロスなどとともに、世界遺産をはじめとしたマニラの見どころを多く有する観光の中心地。その北側にはパシグ川が流れ、対岸がチャイナタウン。キアポ教会など観光スポットが多く、漢字の看板が目立つ独特の雰囲気がただよう地域でもある。

マニラ大聖堂 

マカティ

マカティは高層ビルが立ち並ぶ近代的な地域。フィリピンにおける商業の中心であり、日本をはじめ海外の企業が進出している。高級ホテルが建ち、巨大ショッピングセンターや有名ブランドショップ、銀行、映画館、レストランなどあらゆるものが揃っていて、マニラの豊かなものがここに全て集中した感じさえする。近年ディスコやナイトクラブなどのナイトリゾートもこの一帯に集まってきていてマニラ旅行の宿泊の拠点ともなっている。

 

パサイ市

マニラ湾に面する埋め立て地には、国際会議場や貿易センターなどの施設が立ち並ぶ。近年この埋め立て地は拡張され、大型ショッピングセンターや海鮮レストランなどが建設されており、マニラ旅行での新しい観光スポットとなっている。モールオブアジアやマニラ国際空港もパサイ市に属する。

 

マンダルヨン市

近年、マンダルヨンは商業地区に指定され、首都マニラの副都心として発展している。なかでもオルティガスは中心的な存在であり、第2のマカティとも言われ、 1980年代にアジア開発銀行が建設されたのをきっかけに、高層ビルの建設ラッシュが始まりった。現在では巨大なモール(SMメガモール)や高級ホテルが建ち並ぶ。
 

 

ケソン市

ケソン市はメトロ・マニラの中で一番大きな市でマニラから車で約50分の距離。政府の省庁の施設や大学などが多く造られている。ケソン市が一時フィリピンの首都であったためで、1976年周辺の市や町が統合され、首都メトロマニラが誕生、ケソン市もその中の一つとなった。


 

メトロマニラ地図
マニラ衛星写真
マニラ湾
マニラポストオフィス
キアポ教会



メール | 当サイトについて | Copyright (C) 2010 フィリピンの旅行・観光・リゾート情報 | japph(ジャフ)