■セントラルボラカイ地図 A B C ■ボラカイ島ホテル地図 ■ボラカイ島への行き方ボラカイウェブカメラ(ライブ)1分おきに更新

ボラカイ島/BORACAY


島の西側に広がる約4kmの白い砂浜が美しい人気のアイランド

ボラカイ島(Boracay)はフィリピン中部、パナイ島の北西端から2km沖にに浮かぶ南北約7km、東西約2km、面積967haの小島。首都マニラからは南へ約200km。ビーチの美しさで世界トップ10にランクインしたこともある。ボラカイ島を有名にした島の代表的なビーチは全長4kmの白砂のホワイト・ビーチ(WhiteBeach)。現在ではホワイトビーチ周辺だけでなくボラカイ全島にわたり豪華ホテルや娯楽施設が建設され、フィリピンが誇る一大リゾートアイランドとなっている。日本からはマニラでフィリピン国内船に乗り換えパナイ島の空港で降り、カティクラン港から船でボラカイ島へ上陸する事になる。

■トリップアドバイザー、アジアの人気観光地トップ25の7位にボラカイ島

世界最大の口コミ旅行サイト、トリップアドバイザーが毎年恒例となった旅行者からの口コミをもとにした2012年版「世界の人気観光都市」を発表。名だたるアジアのビーチリゾートを押さえての7位。ボラカイ島の人気がここにきて急上昇です。

ボラカイイメージセブのロケーション

2012ボラカイ島地図
枠内をクリックでセントラルボラカイの詳細地図へ。

■ホワイトビーチ周辺がボラカイ島の中心

島の西側に約4kmに広がるホワイトビーチが、ボラカイの中心地。高級ホテルからディスコ、レストラン、ダイビングサービスがホワイトビーチロード沿いに立つ。ホテルを出るとすぐ前に目に鮮やかな白い砂浜とエメラルドグリーンの海が広がる。これぞ小さな島ならではの南国のマリンリゾート。なんともゴージャスで、開放感にあふれている。

■ボラカイ島のシーズン

ボラカイでは乾期と雨期が比較的はっきりしていて、11月のはじめから5月の終わりまでが乾期であり観光のトップシーズン。反対に6月はじめから10月の終わり頃が、雨期でローシーズンとなる。ローシーズンでは西風が強く吹き、ホワイトビーチ沿いでその影響を受け、観光客はまばらになる。

■交通

マニラからパナイ島カリボまでフィリピン航空、セブパシフィック航空、エアフィリピン、ゼストエアウェイズが1日16便ほど運行している。所要約1時間。カリボからカティクランの港まではシャトルバスで約1時間30分。カティクラン港からボラカイまではバンカボートで15分ほど。
またセブパシフィック航空、エアフィル・エクスプレス、South East Asian Airlinesが1日あたりマニラから30便ほどカティクラン空港に直行便がある。空港から港まではトライシクルで約5分。ただこちらは小型機で、天候に左右されやすいのでご注意を。

 

■ボラカイ島のホテル

エアコン、バス、ケーブルTV付きの高級なものから冷水シャワーのみの簡易コテージまで様々。料金はエコノミーな$30〜高級で$400。ホワイトビーチ沿いに集中するが、島の北側と南側には、隠れ家的高級リゾートホテルもある。

■ボラカイ島の主なホテル
シャングリラズ ボラカイ リゾート アンド スパ Shangri-La's Boracay Resort and Spa ディスカバリー ショアーズ ボラカイ Discovery Shores Boracay
アルタ ビスタ デ ボラカイ Alta Vista De Boracay
ベストウェスタン ボラカイ トロピクス Best Western Boracay Tropics
★人気のボラカイ島ホテル一覧



■ボラカイ島のアクティビティ

水上バイク、パラセーリング、ボードセーリング、カヤック、バナナボート、アイランドホッピング、フィッシング、ビーチバレーなどほとんどのマリンスポーツが楽しめる。中でもスキューバダイビングが盛んで、ライセンスを持っていない人に「体験ダイビング」を用意しているダイビングショップも多い。小さな島内には眺望抜群のフェアウェイズ&ブルーウォーターゴルフ場があり、その他テニス、ビリヤード、乗馬、スパなども楽しめる。これらはリゾートホテルでアレンジができるが、できない場合はビーチで営業しているショップに依頼する。

スキューバダイビング

*アイランド・スタッフ Island Staff/TEL.036-288-3316
 日本人スタッフ常駐/ボートステーション3近く→MAP

*スクーバ・ワールド Scuba World/TEL.036-288-3310
 日本人スタッフ常駐/ボートステーション1近く→MAP

*シーワールド Sea World/TEL.036-288-3033
 日本人インストラクター手配可能/ボートステーション2近く→MAP

*ビクトリー・ダイバーズVictory Divers/TEL.036-288-3209
 日本人スタッフ常駐/ボートステーション2近く→MAP

ゴルフ
*フェアウェイズ&ブルーウォーター Fairways & Bluewater
 TEL.036-288-5587 18H・P72料金2000〜3000P→MAP

乗馬
*Boracay Horse Riding Stables/TEL.036-288-3311
 料金1H550P→MAP

マッサージ
*マンダラスパ Mandala Spa/TEL.036-288-5858
 ボートステーション3近く→MAP



■レストラン&バー

フィリピン料理、イタリア、スペインから日本料理まで世界のレストランや、オープンタイプのカウンターバーがホワイトビーチ沿いに並んでいる。

*ラ・カパニーニャ La Capannina/イタリアン TEL.036-288-3259
 夜11時まで年中無休/ボートステーション2近く→MAP

*トゥルー・フード True Food/インド料理 TEL.036-288-3142
 夜11時まで年中無休/ボートステーション2近く→MAP

*ガストフ Gasthof/シーフード TEL.036-288-6473
 朝2時まで年中無休/ボートステーション2近く→MAP

*ブン・ブン・バー Bom Bom Bar/バー TEL.036-288-6139
 朝2時まで年中無休/ボートステーション2近く→MAP

*ヘイ・ジュード Hey Jude/レストラン&バー TEL.036-288-6482
 朝2時まで年中無休/ボートステーション2近く→MAP



■その他

*ボラカイツーリストセンター Tourist Center
両替、クレジットカードのキャッシング、飛行機のチケット手配、インターネット、国際電話、ファックス、お土産など様々なサービスを提供してくれる→MAP



■ボラカイ島おすすめ観光ポイント

*プカビーチ
島の北西にある静かなビーチ。以前はプカシェルという貝がたくさん採れたが、アクセサリー使うため拾い集められ、今は激減している。レストランが1件あるだけで、自然の海と砂と空だけの世界。ちょっと味わえない空間です。陸からトライシクルかボートを使って海から渡る。

*クロコダイル島
ボラカイ島の南東にある小さい島。形がクロコダイルに似ているところから名付けられた。シュノーケリングが楽しめ、美しい珊瑚や魚が見られる。

*多くの美しいビーチ
ホワイト・ビーチ(WhiteBeach)その他にもディニウィド(Diniwid)、バリンハイ(Balinghai)、プンタ・ブンガ(Punta Bunga)、プカ・シェル(Puka Shell)、イリグ・イリガン(Ilig-iligan)、ブラボグ(Bulabog)、トゥルハバン(Tulhaban)、タムビサアン(Tambisaan)、マノック・マノック(Manoc-manoc)、カグバン(Cagban)など小さいながらも美しいビーチが数多くある。




帰りはフェリーで。ぶっ飛んだ〜。

行きはフィリピンエアーラインを使い、マニラから順調にホテルまで着いた。帰りはフェリーで帰ろうということになり、カティクラン港からチケットを購入。結局ミンドロ島をバスで縦断し、2度フェリーを乗り継ぎバタンガスまでたどり着き、そこからマニラまで再びバスで行くこととなった。

初めのフェリーは、夕暮れの中で快適に過ごしたが、乗り継ぎの悪さなどもあって、ホテルを朝の11時チェックアウトして、着いたのは翌朝の5時頃。バス中は混雑し、夜道をぶっ飛ばすし、疲労と心労でくたくたになったわけです。フィリピンでは下手な冒険心は持たない方がいいみたいです。

ちなみに驚いたのは乗ったフェリーの一つで歩き回っていると、四国の地図が…四国フェリーとかいう(ちょっと名前は忘れたが)日本の中古船だったのです。船までフィリピンにきていたとは。

ボラカイ島地図ステーション3 ボラカイ島地図ステーション2 ボラカイ島地図ステーション1