バナウエ渓谷に広がる壮大なライステラス/BANAUE

バナウエはルソン島中央のコルディレア山脈の山深いイフガオ州にある町。バナウエでの見物はライステラス(棚田)。山脈の急傾斜を開墾して、約2000年前にイフガオ族により造られた。棚田の一番下から最上部までは1500mもあり登録面積は250平方キロメートルにもおよぶ。その壮大さは人間が造ったとは信じがたい程の光景。「天国への階段」と称され、その昔「イフガオ族が神への捧げものとして作った」と語り継がれている。すべての棚田を平にのばすと、地球半周もの長さになる。1995年世界遺産に登録された。

■バナウエへの旅行ベストシーズン
 夏の3月〜4月。

■バナウエの見どころ

バナウエ町
Banaue

バナウエの町の中心はマーケットとその周辺。バスやジプニーの乗り場になっており、かなり賑やかさだ。マーケットを通る道路の先に町役場があり、観光案内所がその1階にある。
 ■インフォメーションセンター
  8時〜17時、土・日休み、TELなし

タムアン村
Tam-an Village
バナウエ・ホテルの脇を通り10分ほど階段を登っていった所にあり、昔からの伝統的なライフスタイルを続けているイフガオ族の村。人口は約1000人。高床式の住居にすみ、農耕を営みながら観光客用の織物やカゴ等の手工芸品を作っている。

バナウエ・ビューポイント
Banaue View Point

バナウエから北へ約4kmの所にある。目の前に広がるコルディレア山脈の斜面に、広大なライステラスが荘厳な光景として広がっている。田植え時期の1月〜2月と収穫期の6月〜9月ではその景観が大きく変わる。近年、若者達が都会へ出ていき後継者が少なくなり、バナウエの荒廃が進んでいる。このため、この地の保全に政府を中心に多くの力が注がれている。徒歩で約1時間、トライシクルで約20分。往復約100P。

バナウエ博物館
Banaue Museum

バナウエ西方約1km、バナウエ・ビュー・イン敷地内にある。イフガオをはじめとする周辺民族の装飾品や生活道具、独自の文化を記録した写真などが展示荒されている。入場料30P

トレッキングでイフガオ族の村を訪ねる
バダット村はバナウエの東16kmの所にある。途中からは2時間ほど歩き。ここからのライステラスも見応えがある。その他ボゴス村やサンガアン村などにもトレッキングで出かけられる。それぞれライステラスがあり、昔ながらの暮らしに触れることができる。

 

■バナウエのホテル

バナウエ・ホテル&ユースホステル
Banaue Hotel & Youth Hostel

バナウエから徒歩10分の所にある、この地で最大のホテル。ライステラスが一望でき、プール、レストラン、バーも完備。フィリピン政府が経営している。
 ●住所 Banaue
 ●電話 074-386-4087
 ●FAX 074-386-4088
 ●料金 S/2300P T/2800P

サナフェ・ロッジ
Sanafe Lodge

町役場のすぐ近く、徒歩1分。部屋数は16室で、アットホームな雰囲気。レストランとしても利用できる。
 ●住所 Banaue
 ●電話 074-386-4085
 ●料金 S/300P〜 T/500P〜



■バナウエへの交通

マニラから
ダングワ・トランコDangwa Tranco、オート・バスAuto Busのバスを利用する。所用時間約9時間。料金300P前後。毎日運行。
バギオから
ダングワ・トランコDangwa Tranco、オート・バスAuto Busのバスを利用する。所用時間約7〜9時間。料金200P前後。毎日運行。

バナウエ








メール | 当サイトについて | LINK | Copyright (C) 2011 フィリピンの旅行・観光・リゾート情報 | japph(ジャフ)