フィリピン旅行
入国と出国に関する情報

マニラ空港ターミナル3
(ニノイアキノ国際空港
ターミナル3 )

マニラ空港ターミナル3詳細図(ニノイアキノ国際空港 ターミナル3 )

マニラ空港ターミナル3マニラの国際空港ニノイ・アキノ空港にはフィリピン航空専用のターミナル2とその他の海外航空会社が使用するターミナル1、そして新しくターミナル3ができた。日本から就航している航空会社はANAとセブパシフィック航空。今のところ到着機数が少なくスムーズに入国できる。フィリピン航空の国内線へ乗り換えをする場合は、ターミナル2に移動することになるが、移動は意外と面倒で時間がかかる(周辺地図)のでフィリピン航空国内線を使う場合は、日本を出発する時に同航空会社を使用した方が良い。
ターミナル3のメリットは、マニラ市内へ移動に時間がかからないことだろう。特にマカティへの移動には高速道路が近く、短時間でいくことができる。

●ANAのサービス内容とメリット
マニラ路線への後発参入だからだと思うが、JALやPALに比べて食事内容や飲み物のサービスがいい。特に筆者が気に入っている点は滞在期間が長く設定できる航空券、いわゆるFIXの期間が長い格安航空券が多くあり、しかも意外と安く手に入ることだ。

到着 1・2階 出発 3階
ターミナル3詳細図
就航航空会社
【国際線】 ■全日本空輸 東京/成田 ■セブパシフィック航空 大阪/関西、香港、マカオ、上海、広州、ソウル/仁川、台北/桃園、ジャカルタ、シンガポール、クアラルンプール、コタキナバル、バンコク、ホーチミン
【国内線】 ■Airphil Express ブスアンガ、カルバヨグ、カタルマン、カティクラン、オルモック、サンホセ、トゥゲガラオ、ヴィラク ■セブパシフィック航空 バコロド、ブスアンガ、ブトゥアン、カガヤンデオロ、カルバヨグ、カタルマン、カティクラン、カワヤン、セブ、コタバト、ダバオ、ディポログ、ドゥマゲテ、ジェネラルサントス、イロイロ、カリボ、ラワグ、レガスピ、ナガ、オザミス、プエルトプリンセサ、ロハス、サンホセ、タクロバン、タグビララン、トゥゲガラオ、サンボアンガ

成田のANA ターミナル3の税関
到着ロビー
ターミナル3到着ロビー 到着玄関/柱の番号を目印に待ち合わせが便利
日本航空カウンター
ターミナル3出発/ANAカウンター ターミナル3出発/セブパシフィック航空カウンター
4Fショップ入り口 4Fショップ
3F/113番ゲート付近 113番搭乗口に待機するANA
ターミナル3前の風景 ターミナル3前の風景


◆リゾートワールド・マニラ Resorts World Manila

2009年、フィリピン初の観光経済特区に指定されたマニラ・ニューポートシティ(ニノイ・アキノ国際空港ターミナル3から道路を隔ててすぐの場所)に誕生。国内最大級のカジノがあり、300台のギャンブルテーブルや1,200台以上のスロットマシーンがおかれ館内は30,000m2の広さを誇る。5つ星のマリオット・ホテル・マニラ、バジェットホテルのレミントン・ホテル、オールスイートのマキシムズ・タワーの3つの豪華なホテルを中心に世界各国のレストラン、高級ブランドのブティックやショップ、映画館、国内外のアーティストのパフォーマンスや展示のための1500席のシアターなどで構成されるニューポート・モールなどが集められている。


ターミナル4(国内線専用ターミナル)について

就航航空会社
■ゼストエアウェイズ バコロド、ブスアンガ、カルバヨグ、カタルマン、セブ、ダバオ、イロイロ、カリボ、レガスピ、マリンドゥク、マスバテ、ナガ、プエルトプリンセサ、サンホセ、タブラス、タクロバン、タグビララン、ビラク
■シーエアー航空 バコロド、セブ、ダバオ、イロイロ、プエルトプリンセサ、タクロバン、カティクラン、クラーク