フィリピン旅行
に関する情報

日本航空で行くか
フィリピン航空で行くか
全日空で行くか

■フィリピンのホテル情報
* マニラのホテル(167)
* セブ島のホテル(82)
* ボラカイ島のホテル(72)
* ダバオのホテル(50)

新出国カード

■最近の成田←→マニラ間の航空会社状況
 JALで行くかPALで行くかANAで行くか

2011年ANAが成田-マニラ間のに新規参入し、この路線での航空会社間の競争が高まってきたわけだが、利用者としては航空運賃の低下、サービスの向上、選択肢が広がるという意味から歓迎である。
最近日本航空、フィリピンエアライン、ANAで成田マニラ間を往復する機会があった。その時感じたの3社間のサービスの違いと印象などをお伝えします。

ana
マニラ空港のANA
■JALとPAL

久しぶりにJALを利用する機会があり感じたことは、明らかにコスト削減を目指しているということだ。細かいことだが、食事の前のドリンクサービスがなくなった。食事の内容が低下していた。また機材はジャンボから767に変わっていた。PALは逆に新鋭機の投入、機内設備や乗務員の質の向上など内容がよくなってきている。以前は食後に出されるアイスクリームを通路で食べながらアテンダント同士で談笑してことがあるなど、日本人にはなじめないことが多かったが、PALの乗務員の教育も改善されているようだ。

■ANAの参入

ANAの場合は食前にアルコールのドリンクサービスがある、食事内容もJALやPALと比べると格段にいい。JALが以前やっていたことと同じことを、ただやっているだけなのだが、なくなったものと比較すると、断然印象に残る。マニラ空港ターミナル3を使用しているのもプラス材料だろう。多少難があるのが出発時間だ。日本発が午後、マニラ発が午前便しかないから、マニラ着が夜、出発が朝となり現地での行動や日程が制約されることになる。

■航空運賃の傾向

下の表からわかるように、マニラを短期間滞在するならフィリピンエアライン。長期間滞在するのであればFIXの長いANA航空券を利用するのが得策となりそうだ。特徴がないのがJALということになる。

■両航空会社の比較 (※機材は運航日によりかわることがあります)

日本航空 フィリピンエアライン 全日空
格安航空券
出発日6月
近い件下の最安値
2011.5.18
調べ
4.40万円
3〜15日間FIX
4.00万円
3〜8日間FIX
-
- 7.30万円
3〜30日間FIX
5.84万円
3〜60日間FIX
※短期間滞在ならフィリピンエアライン、長期間滞在なら全日空の航空券がお得のようだ。
便数 成田・マニラ発とも
午前便午後便の2便有り
成田発午前便のみ
マニラ発午後便のみ

成田発午後便のみ
マニラ発午前便のみ

航空機機材 Boeing 767
Boeing 777-300ER
最新鋭機
※初飛行は2003年
Boeing 767-300ER
機内食 PALとほとんど変わらない JALとほとんど変わらない ドリンクサービス、食事内容も充実
機内での
不便性
なし 日本人アテンダントも乗務しているので問題ないが、人数が少ない なし
機内設備 個人用モニターあり
日本人用のプログラム多い
個人用モニターあり
日本人用のプログラムもある
個人用モニターあり
日本人用のプログラム多い
成田空港での
チェックイン
旅行シーズン以外は比較的すいている カウンターが狭く荷物を多く持った乗客がいるためいつも混雑している 旅行シーズン以外は比較的すいている
マニラの
空港施設
ターミナル1使用/古い
免税店やレストランが少ない
ターミナル2/新しい
免税店やレストランも比較的多い
ターミナル3/新しい
4階に免税店やレストランが充実している
マニラ空港での入国手続き 入国審査に時間がかかることが多い 比較的短時間で入国できる 比較的短時間で入国できる
マニラ空港での国内線乗り換え ターミナル2に移動する必要があるため非常に不便 同ビル内で乗り換えられるので便利 同空港から乗り継げない場合ターミナル2に移動。距離もあり非常に不便。
マニラ空港でのチェックイン 航空会社ごとのカウンターなので混雑することが多い 到着空港別にカウンターがあるので比較的混雑せずにチェックインできる ANAカウンターはすいていて混雑せずにチェックインできる
マニラ空港での出国手続き 時間がかかることが多い 比較的短時間ですむ 比較的短時間で済む
安全性 個人で安全性を判断することは難しいので、こちらのサイトを参考に。
航空会社安全ランキング
航空格付サイト(SKYTRAX)
航空機は乗り物の中で一番事故率が低く、航空関係の専門家の方が言うには、「航空事故に遭遇する確率は、統計的に見れば飛行機に毎日乗っていても438年に1回」とのこと。


当サイト管理人もフィリピンへ行き始めの頃はほとんどJALを使っていた。それはナショナルエアラインというイメージからくる安心感があったからだが、今やそのイメージも失われつつある。利便性からいっても、PALやANAに軍配は上がる部分が多い。ALの今後のサービス改善を期待したいところです。