リサール記念館 Rizal Shrine
リサール記念館は、フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールが1896年12月30日にスペイン当局によって処刑される直前まで幽閉され、遺書を書いたといわれる建物。館内には、リサールの多彩な経歴を物語る多くの遺品が展示されている。室内の壁には白井勢似子という日本女性の肖像画があり、彼がヨーロッパへの渡航途中に滞在した日本で恋に落ちた人だといわれている。